ならまちグルメ

これを書かないと夏が終わらないので…どうぞお付き合い下さいませ m(_ _)m


d0167088_2494370.jpg

名所巡りは
大体が修学旅行コースをおさらいした感じ。
スルーしましょう。

大人になったからこそ楽しめる♪
そんな奈良をご紹介して
旅レポートを締め括ります。

丁度開催されていた
平城宮跡での大掛かりなイベント
『光と灯りのフェア』を見てから、向かった先は…




『ならまち』と呼ばれるエリアをご存じでしょうか。広い通りから路地を一歩踏み入れると、そこにはタイムスリップしたみたいな懐かしい街並みが、迷路のように広がっています。お寺や神社などの文化財や、伝統ある商家が点在する一方で、古い町屋に新しい感性がミックスされたカフェや食事処、ギャラリーが、ずっと昔からあったかのように共存している場所なのです。しかも、自然にきちんと生活している息づかいが伝わって、観光地と呼ぶのもちょっと違う、魅力的な空間。グルメだけでなく、散策にもお薦めです。私たちは、ここで、二日目の夕飯と三日目のランチを予定し、出掛けたのですが… (*_*; お出掛けの際は、以下の二点を要チェックです!

『ならまち』探訪
ポイントその一 定休日の確認!月、火はお休みのところが多いみたいです。
ポイントその二 夜は予約を!

最後の詰めを怠った私たちは、何軒もふられ、オーダーストップの時間も迫り…(;_;) とうとうエリア外でやっと遅い夕飯に有り付いたのでした。また、翌日のランチも、丁度お祭りと重なり、臨時休業に阻まれて。しかも、暑くて暑くて。途中からはひたすら『涼』を求めて彷徨いました。でも、辿り着いたのが、ならまちらしい佇まいの一軒で、ホント良かった (^^;


d0167088_3231074.jpg

  間口が狭く、奥行きが深~い!
  これが、ならまちの町屋の特徴だとか。

  確かに!

  お店は、ず~っと奥にありました。






d0167088_3312228.jpg




     レトロな雰囲気が漂う店内。

     通常は定休日のところ
     営業されたのだとか。

     ヘロヘロの旅人二名 (@_@;
     助かりました~



d0167088_3454244.jpg


   作りたての温かいわらび餅 ♪
   暑さの余り、食欲は減退していましたが
   美味しかったです。

   オットは牛スジカレーをがっつりと。
   雑穀米に絡めて一口頂くと
  
   うまっ!

   帰ってから早速試してみましたが
   お味の再現ならず。残念。



そんなこんなで、『ならまち』グルメには、たっぷりの未練を残しながら奈良を出発。もう一泊して、沼津経由で帰ってきました。お昼は漁港でお寿司を食べて、明日の朝は干物を焼こう…。そう考えながら日常に戻る帰り道は、毎度ちょっと気が重くなるのでした (^^;)

これで旅レポートはおしまいです。引っ張りまくってスミマセン <(_ _)>

今後は、すっかり日常に戻ったところでお届けいたします (^0^)/
by dimages | 2010-09-05 02:20 | 美味しいもの | Comments(0)
<< 出会いの秋です アトリエからのお知らせ >>