リースに抜け感を作る♪


皆さんの素敵なリースにうっとりだった11月。016.gif
一昨日で今年のクリスマスレッスンは終了です。

サンプルはあっても、同じ花材を使っても、
やはり個性が光るのはアレンジの面白いところ。
サンプルのデザイン性は参考まで、目安のようなところもありますね。

私のリースには意識的に作るポイントが有って、
それは、サイドから下にス~ッと流れる『抜け感』。
ここにラインを作るのは、正面写真で分かり易いから!
実は、気持ちの良い『抜け』の表現は色々とあるのです。

今日はレッスンで撮らせて頂いた抜け感を少しだけご紹介致します。
肉眼で感じる印象を一枚に写し撮る事は、本当に難しい。
角度を変えた2枚でご覧頂きます♪


d0167088_12202585.jpg

やや縦長のオーバルでパールアカシアをしっかり魅せたI さん♪
正面写真では抜け感が下に控え目にと感じるかもしれませんが、
実はこちらもしっかり!


d0167088_12314594.jpg

リースの右側真ん中位から自然な流れが出来ています。
パールアカシアの蕾で少しずつ作った『抜け』が、最後にシュッと決まります♪


d0167088_12353140.jpg

まん丸リースに抜け感を出したのはYさん♪
正面では伝わり難いですが、やはり抜けに繋がる作り込みはバッチリです。


d0167088_1325156.jpg

オーバルのI さんよりは短い作り込みにして、スッと♪
丁寧に入れたパールアカシアの蕾は繊細でも存在感大!


d0167088_12375739.jpg

また、お二人とはちょっと違う感じに抜けを作られたのはOさん♪
正面写真は大きな丸いリース。
でも、こちらのリースにも抜け感は作られているのです。


d0167088_13104631.jpg

ベースラインに作られた抜け感は、肉眼ではモチロン分かります。
そのラインは筆を払うような勢いもあれば、
しなやかさを感じさせるものも、イロイロ。
如何に自然で気持ちの良い流れと空気感を出すか。
それには、1本だけ付けて完成とはならない難しさもあります。
でも、上手く表現出来た時は、作られた方はモチロン、
観る私たちも、すごく気持ちイイのです♪ (*^^)v


d0167088_1347761.jpg

最後のご紹介はNHKクラスのMさん♪
スマホで1枚だけ撮れたリースです。

一見抜けが無いようですが、実はちゃんと♪
奥行をよく見ると少し伸びたパールアカシアの先端が。
ここも抜け感です。
そして、ベースライン上にも右から下のカーブに沿ってあるのです。

写真には写し撮れなかった素敵なポイント

by dimages | 2015-11-29 13:56 | レギュラークラス
<< ボリューム満点リース♪ ラムズさんレッスン報告&イベン... >>