逝く夏も 来る春も

この夏の辛い出来事です。大事な友人の、大切な旦那様が亡くなってしまいました。子育て仲間で、今も変わらず仲良くしている私たちが、全員喪服で集まるなんて。人生はこんな悲しい現実も刻むんだなぁ。

いるのが当たり前だった家族も少しずつ形を変えていくもの。一緒に過ごせる時間には限りがあるって、理解は出来るのに慣れるのは難しい事です。

実は…

皆、気持ちも足取りも重かった帰り道。この報告に救われました~。来春友人Kさんのお嫁に行ったSちゃんに赤ちゃんが!同時にまだまだ若いおばあちゃん誕生!

こうして命は繋がれていくんですね。避けられない悲しみがあっても、希望はきっとやって来る!どうか、それが一日も早く訪れますように!

d0167088_4354930.jpg

我が家のキッチンの引き出しのひとつには家族の食器が入っています。あまりにも日常過ぎる場所ですが、今夜は湯呑みや重なった茶碗の窮屈感に感じ入ります。使う人がいるってね…。
by dimages | 2010-08-02 03:19 | 日々の思い
<< 身近な反響 静かな一日 >>