生花の偲ぶアレンジメント


今日の私は。。
その後の嬉しいご報告もあって、週末のドキドキがまだ続いています。


d0167088_16402349.jpg

3月の最終日。
Oさんから頂いたメールは思い掛けないものでした。
それは、10日後に営まれる四十九日法要の装花のご相談で、
御遺影の回りを飾るアレンジをご自分で生花で作りたいとありました。

Oさんは同居されていたお義父様を2月に送られたばかり。
とても仲の良いお二人のお話はよく伺っていて、
私は直ぐに、但し、ちょっとだけ条件付きで快諾の返信を。

と、言うのも、私自身生花を扱うのは20年振り位。(*_*;
8年学んだ事は今のベースにはなっているものの、あまりのブランクです。
しかも、法要のお花に関しては不勉強と言うしかなく。。
でも、とにかくOさんの思いが形になるように、
『二人で力を合わせてガンバロー』 なんて。。^^;
意気込みだけは大きく、お返事したのでした。

さらにドキドキだったのが日程で、生花の仕入れはNHK教室の朝!
ホントに大丈夫?私…と緊張感が半端なかったのも事実。
でも、その緊張感や不安が、翌日一変するのです!!!

前置きが長くなりましたが、完成した素晴らしいアレンジをご覧下さいませ。
誰からも愛された大事なご家族のための8アレンジです。


d0167088_16521366.jpg

用意したのはどれも飛び切り綺麗な白とグリーンの花材。
2種類のトルコキキョウ、ストック、アジサイ、金魚草、5種類の葉っぱ。
写真は超大輪のダリア。
花材はテーブルが隠れるほどありました。


d0167088_16421353.jpg

御遺影の回りは、5点のアレンジを弓形に繋いで飾ります。
会場と丁度同じ180cmのテーブルに、フレームを御遺影に見立てて。
前に並べた3点はオーバルベース。
両サイドは少し高さのある丸いベースを使っています。


d0167088_1711836.jpg

ダリアはインパクトのあるアクセント。


d0167088_1752766.jpg

コーナーを外してみると。
やはり、5点を繋いだ迫力にはかないませんが、
一つ一つがとっても素敵なアレンジに仕上がっています。


d0167088_1795072.jpg

2階から、もう少し寄りで撮影。
しかし、どう撮ってみても、実際の迫力や美しさは伝えきれないです。。

この日は11時スタート。
間に昼食、夕食、おやつやお喋りタイムを挟みながら、
終了したのは20時でした。
とにかく、ずっとハイテンションだった私たち。
Oさんの手はどんどん早くなり、エキサイティング&クリエーティブに、
力のあるアレンジが次々仕上がって行きました。

ここからのアレンジ3点は、照明下の撮影になります。


d0167088_1732768.jpg

下段は、御位牌と陰膳のテーブルを飾る2点セット。
上段は、別の用途の贈り物に作られたアレンジです。


d0167088_17415657.jpg

それにしても、Oさん、スゴイです!


d0167088_17382996.jpg

全て飾れば、誰がご覧になってもプロの仕事。
御法要の最後に、ご家族の優しい計らいでお花の制作者が明かされた時は、
大きな歓声が上がったのだそうです。


::::::::::::::::::::


Oさん、本当に本当にお疲れ様でした。

私も貴重で素晴らしい経験をさせて頂きました。
心からお礼申し上げます。
by dimages | 2016-04-11 18:27 | フリーレッスン
<< サプライズでお祝い♪ アイビーとSPバラの春リース♪ >>